物件購入

あったかいんだから~省エネ住宅ポイントとは?

省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図るとともに、
消費者の需要を喚起し、住宅投資の拡大を図る事を目的とし、
一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対して、
様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度です。

簡単に言うと「一定の基準をクリアする工事に対してポイントを発行し省エネ住宅を促進する」
と言うことになるでしょうか。

かつての住宅エコポイントの復活という意味合いを持ちますが、
今回変更された部分もありますので併せてご説明します。

発行されるポイント

リフォームともに1戸あたり45万ポイントが上限です。
従来は最大で30万ポイントでしたが新たに耐震改修を行った場合には15万ポイント上積みされました。
1ポイントは1円に相当しますので最大で45万円分相当の商品等と交換できます。

耐震改修までやると相当な工事になりますので基本的には最大30万ポイントまでもらえると思っていていただければと思います。

またこのポイントは即時交換もできます。

交換できる対象

  1. 省エネ・環境配慮に優れた商品
  2. 地域振興に資するもの(地域商品券、地域産品、復興支援)
  3. 全国で使える商品券・プリペイドカード
    (商品の提供事業者が環境寄附を行うなど、環境配慮型のもの)
  4. 環境寄附、復興寄附

対象となる期間

・契約 :平成26年12月27日以降

※既存契約の変更契約を含みます。(ただし、着工前のものに限る)
※完成済購入タイプの場合は、平成27年2月3日以降の売買契約締結(変更契約はみとめません。)

・着工・着手 :平成26年12月27日~平成28年3月31日

※完成済購入タイプの場合は、着工の期間は指定なし

・工事の完了 :平成27年2月3日以降

※完成済購入タイプの場合は、平成26年12月26日まで

ポイント交換期限

平成28年1月15日です。

 

ただし、注意しなければならないのは予算の関係で、
予算がなくなり次第この制度は利用できなくなります。

1)エコ住宅の新築

所有者が自ら居住する住宅が対象(借家は対象外)で、自らが居住することを目的として発注(工事請負契約)する新築タイプ(注文住宅、分譲住宅)と完成済購入タイプ(平成26年12月26日までに完成した新築住宅の購入)が対象です。
かつ、次の1~5のいずれかの省エネ住宅(基準)に該当する新築住宅

  1. 省エネ法のトップランナー基準相当の住宅
  2. 一次エネルギー消費量等級5の住宅
  3. 一次エネルギー消費量等級4の木造住宅
  4. 断熱等性能等級4の木造住宅
  5. 省エネルギー対策等級4の木造住宅

申請には、基準を満たすことを証明する登録住宅性能評価機関等の第三者評価が必要です。

2)エコリフォーム

全ての住宅が対象。以下のような工事を行った場合エコポイントがもらえます。
・必須エコリフォーム

(次の1~3のいずれかの改修工事を行う場合)

  1. 窓の断熱改修
  2. 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
  3. 設備エコ改修(エコ住宅設備※を3種類以上設置する工事)

・加算エコリフォーム

上記の工事内容に加えて以下の工事を行った場合、ポイントが加算されます。

  1. バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等拡張)
  2. エコ住宅設備※(2種類以下)
  3. リフォーム瑕疵保険への加入
  4. 耐震改修工事

・既存住宅購入加算

新たに既存住宅購入に伴うエコリフォームでポイントが加算される事となりました。2014年12月27日以降に売買契約を締結し、かつ契約後3ヶ月以内に上記エコリフォームを行った場合に最大で100,000ポイントもらえます。

まとめると、窓の改修、外壁等断熱改修、設備エコ改修(3種類以上)のうちいづれかを行えばエコポイントがもらえます。上記A~Dの項目はそれぞれ加算される項目として規定されているので、例えばバリアフリー改修のみを行う場合にはエコポイントはもらえません。内窓をつける工事やガラス交換のエコリフォームに加えてバリアフリー工事を行うのならポイントはもらえます。設備エコ改修についても3種類以上の場合には必須エコリフォームとして扱われますが、1種類ないし2種類の場合には加算エコリフォームという扱いになります。

窓の断熱改修と発行ポイント数

  1. 内窓の設置(8,000~20,000ポイント)
  2. 窓交換(8,000~20,000ポイント)
  3. ガラス交換(3,000~8,000ポイン)

a、内窓の設置

既存窓の室内側に樹脂内窓を追加取付して「二重窓」にする。

内窓交換エコリフォーム

  • 大(2.8平方メートル以上20,000ポイント)
  • 中(1.6平方メートル以上2.8平方メート未満14,000ポイント)
  • 小(0.2平方メートル以上1.6平方メートル未満8,000ポイント)

b、窓交換

古いサッシを枠ごと取外し、新しい断熱窓を取付ける。

窓交換エコリフォーム

 

  • 大(2.8平方メートル以上20,000ポイント)
  • 中(1.6平方メートル以上2.8平方メート未満14,000ポイント)
  • 小(0.2平方メートル以上1.6平方メートル未満8,000ポイント)

 

c、ガラス交換

単板ガラスをアタッチメント付複層ガラスに取替える。

ガラス交換エコリフォーム

  • 大(1.4平方メートル以上8,000ポイント)
  • 中(0.8平方メートル以上1.4平方メート未満5,000ポイント)
  • 小(0.1平方メートル以上0.8平方メートル未満3,000ポイント)

外壁、屋根・天井又は床の断熱改修と発行ポイント数

一定量以上の断熱材を使用する断熱改修を行う場合

  • 外壁・・・120,000ポイント(部分断熱の場合60,000ポイント)
  • 屋根・天井・・・36,000(部分断熱の場合18,000ポイント)
  • 床・・・60,000ポイント(部分断熱の場合30,000ポイント)

設備エコ改修(エコ住宅設備※を3種類以上設置する工事)と発行ポイント数

エコ住宅設備を設置する場合。一戸あたり一製品24,000ポイントのみ発行。下記3種類以上で必須エコリフォームの条件クリア。二種類以下の場合加算エコリフォームとして取り扱い、窓の断熱、壁等の断熱と併用する必要があります。

  • 太陽熱利用システム(太陽熱を集熱するシステムにポンプなどの動力を用いるもの。24,000ポイント。エコソーラーII、エコキュート・ソーラーヒート、ノーリツXFスリーズ)
  • 節水型トイレ(水量6.5リットル以下で洗浄することができる大便器。24,000ポイント)
  • 高断熱浴槽(専用フロふたなどがセットの高断熱浴槽。湯温降下は4時間で2.5℃以内。24,000ポイント)
  • 高効率給湯器(エコキュート・エコジョーズ等の給湯器。24,000ポイント)
  • 節湯水栓(手元止水・水優先吐水等の機能を有する水栓。3,000ポイント)

バリアフリー改修と発行ポイント数

単体では省エネ住宅ポイントはもらえません。上記必須エコリフォームを行う事を前提として、併せて工事した場合にポイントが加算されます。一戸あたり60,000ポイント。

  • 手すりの設置(浴室・トイレ・洗面所・廊下・階段その他に設置。一箇所ごとに6,000ポイント)
  • 段差解消(屋外の出入り口・浴室・屋内。浴室は除きます。一箇所ごとに6,000ポイント)
  • 出入口幅等の拡張(通路の幅・出入口の幅。玄関ドア・引き戸も対象。通路等の幅が750mm以上。一箇所ごとに30,000ポイント)

リフォーム瑕疵保険への加入と発行ポイント数

質の高い施行が確保されます。万が一工事に欠陥があっても、リフォーム事業社が倒産しても安心です。

  • リフォーム瑕疵保険加入(11,000ポイント)

耐震改修工事と発行ポイント数

昭和56年5月31日以前に着工の住宅について、従前の耐震基準は現在のものに適合しないので、現行の耐震基準と適合させる工事。一戸あたり150,000ポイント。

既存住宅購入加算

既存住宅を購入した場合に最大で100,000ポイント発行。

今ある住宅をリフォームして活用する事は資源を有効に活用し、エコに繋がりますね。

上へ戻る