お知らせ

立川市の地形

地図上で立川市を探す時に一目でわかる見分ける方法があります。多くの市町村がそうであるように、立川市も決して長方形や正方形のように整った形をしていません。北部で東西に細長く南部は何かの取っ手のように四角っぽい形状をしています。全体を眺めれば「ピストル」に似ているのです。立川市の地形1
ピストルのような形状をした地図上の立川市

南側に多摩川、北側に玉川上水が流れ、北から緩やかに低くくなっていきます。立川市の地形上の特色としては北部で武蔵野台地の武蔵面と立川面の境があり、南部に立川崖線と青柳崖線がそれぞれほぼ東西に伸びています。つまり、立川市は多摩川一帯を一番の低地として一段・二段・三段(数え方によっては四段)と上がっていくような地形をしているのです。これらは多摩川が悠久の歴史の中で何度かその流れを変えた事と関係があります。

そもそも武蔵野台地は多摩川と荒川に挟まれた台地で、その南部では立川面と武蔵野面に分かれています。立川面は主に立川崖線によって多摩川の沖積低地と分けられていて、武蔵野面は国分寺崖線によって立川面と分けられています。奥多摩を水源とする多摩川が大地を削りながら海へと流れ込む。途中流れを南に変えると、かつて流れていた場所は長い年月で川に削られた跡がそのまま残ります。こうした崖が線のように伸びている事から「崖線」と言うわけです。

立川はこのように武蔵野面、立川面、青柳面という段差構造になっていて、かつてはこうした地形から立川駅周辺で水が溜まってしまうという事がしばしば起きたようです。そうした貯まり水の解消のためにかつては緑川という川がありました(実は今もあるのですが暗渠になっています)。立川駅の北口からしばらく東に伸び、羽衣町で向きを南に変え多摩川方面へと水を運びました。東橋、曙橋、羽衣橋というのはその頃の名残です。今はもう橋はなくとも信号の名称として残っています。また、緑川駐車場という名称はこの緑川にちなんだものでしょう。

武蔵野台地と河岸段丘

武蔵野台地では2種類の発達した河岸段丘が見られます。ひとつは南側を流れる多摩川によって形成されたものであり、最も低い段丘(低位面)を立川段丘あるいは立川面、それよりも一段高い段丘(高位面)を武蔵野段丘あるいは武蔵野面と呼びます。もうひとつは北部に見られるものであり、かつての多摩川の流路の名残りと考えられているものです。

立川面はさらに青柳面が分けられます。というのも、立川面を分ける立川崖線は途中で分岐し青柳崖線と言うさらに低位の面を持つからです。つまり、立川市は立川面と青柳面、そして武蔵野面からなります。それらを数えていくと4つの段差があるという事です。しかしながら、青柳面は立川市の東側にほんの一部かかるくらいですので、3段と数えるのが妥当と言えるのでしょう。立川市は立川面にその大部分があります。

立川市内の通行を考える際にこうした幾つかの面を頭に入れておくと便利です。自宅あるいはこれから住もうとするエリアが低地・立川面・武蔵野面のいずれに位置するのかを知っておけば、駅までの道のりにおいて段差あるいは坂の上り下りがあるのかどうか容易に推測できるでしょう。

立川崖線

多摩川流域の低位面から一段上がるのがこの立川崖線です。立川市富士見町にある歴史民俗資料館はちょうど崖下に位置し、周辺を歩くと水が湧き、割と急な坂を見る事ができます。今なお崖としてかつての姿を残している所は少なく、多くは舗装され坂道として崖線が確認されます。多摩モノレール通りの「柴崎町四丁目」の信号付近、立川通りの「錦町三丁目」の信号付近から通りを南に少し行くと道が下り始めます。また、柴崎四丁目の信号から西の奥多摩街道は崖上の通りとして、しばらく見晴らしの良い景色が続きます。

立川崖線は青梅付近から多摩川に沿う形で立川市内まで続き、JR中央線の多摩川鉄橋の付近から東に向かい、多摩モノレール柴崎体育館の東で分岐します。そこから南東へ多摩川に近い場所に続くのが青柳崖線、立川崖線はほんの少し北東に向き、それから錦町を通り、羽衣町の「矢川緑地」の東で南武線の線路を横切り、谷保駅の手前で再び南武線の線路を南に渡ります。これら二つの崖線はやがて谷保天満宮の付近で再び合流、さらに甲州街道を南東に縦断し狛江市元和泉付近まで続いています。

立川市は柴崎町付近で形成された柴崎村が発展してできたものです。柴崎村として形を成す前からこの一帯には集落があったようです。それと言うのも崖から湧き出す水を求めて人が集まったからです。今のように上下水が整備されているわけではありませんから、まずは水の確保が第一だったのですね。崖がもたらす水はやがて農耕にも用いられ、段々と発展していったようです。その証拠に柴崎町や羽衣町では縄文土器が出土しています。時間があれば「柴崎村から続く立川の歴史」をご参照ください。

青柳崖線

立川崖線の低位にあり、多摩モノレール柴崎体育館の東で立川崖線より分岐し多摩川に沿って南東に伸びます。青柳崖線を立川崖線と分けない考え方もあるようです。青柳崖線はそれほど長くなく、大部分は根川に沿っています。国立市南部の田園地帯はこの青柳崖線からの豊富な湧き水によって成り立っていて、ママ下湧水公園、城山公園など清流と親しめる場所も幾つかあります。崖線と周辺に自生する雑木林が色濃く残り、農の風景が広がる貴重なエリアを形成しています。

多摩エリアでは崖の事を「ハケ」や「ママ」と呼んでいた事から、ママ下と言えば崖下という意味合いになります。青柳崖線付近のママ下湧水公園は知らない人が見るとなんで「ママ」なの?と思われるかもしれませんが、事情を知ればああ崖下湧水公園ということかと納得できますね。

青柳崖線は小規模ですが割と高低差があり、崖上から多摩川を見下ろす風景はなかなかのものです。湧き水も豊富で、そうした湧水が集まってできた清水川はとても清らかです。面白いのは立川崖線の湧水を水源とする矢川が国立市内を流れ最終的に府中用水に合流するのですが、この清水川が府中用水に合流する地点がほぼ同じなのです。「矢川おんだし」と呼ばれそれぞれ崖線を源とする清流が滔々と流れ込んでいます。興味があるかたは「矢川緑地と矢川を往く」をご参照ください。

国分寺崖線

国分寺市西元町には「武蔵国分寺」「武蔵国分尼寺」の史跡が残ります。広々とした野原に所々大きな木がそびえ立ち、かつての姿を偲ぶことができます。国分寺は「四神相応の土地」に建てられたと言います。これは東に川(青龍)、南に低湿地(朱雀)、西に道路(白虎)、北に丘陵(玄武)がある土地が好所とする思想です。武蔵国分寺の周辺を見ると北にある丘陵と言うのがこの国分寺崖線にあたります。崖線によってもたらされる湧水が小川となりそれが東を流れる。西に東山道武蔵路があり、南は多摩川まで至る低地があった。まさに四神相応と呼ぶにふさわしい地形だったわけですね。

この周辺のはっきりとした崖の様子から国分寺崖線と呼ばれるようですが、実は東西に結構長いのです。東端は大田区田園調布付近。少し西には等々力渓谷という世田谷区有数の景勝地があります。ここも国分寺崖線の一部です。さらに西に向かうとそばで有名な深大寺周辺の傾斜地があり、野川公園や武蔵野公園といった崖線と野川に接した公園があります。西端は幾つか説があるようで、立川市の砂川九番辺りから始まるという見解やさらに北西の武蔵村山市緑が丘から始まるとする説も見られます。私個人としては砂川九番(けやき台周辺)くらいからはっきりとした高低差が見られるようになるものの、始まりは武蔵村山だと思っています。何故なら崖線を辿っていくと確かにそのまま北西方向に伸びていて、延長線沿いにはあちこちで緩い坂道が見られるからです。

武蔵野面と立川面の境い目
これは玉川上水駅のすぐ東側にある駐輪場で写したものです。緩やかな上り坂になっているのがわかりますね。
こうした緩やかな段差あるいは坂がここから南東方向に何カ所も見つかるのです。

また、立川緑の12景の一つに選ばれている「川越緑地(古民家園)」の説明板を見ると、あの一帯が武蔵野段丘(武蔵野面)と立川段丘(立川面)の境にあるためとの記述もあり、ちょうどここからけやき台までを繋ぐ延長線上に位置しているのです。

国分寺崖線は始まり部分ではほとんど高低差がなく、東に行くにつれ段々と高低差を増していきます。国分寺駅の南側くらいになるとはっきりと崖と認識できるようになり、東端部近くではかなりの高低差となる様です。国分寺崖線の周辺を見ると例えば「けやき台」や「武蔵台」といったような地名にもこうした地形上の特色が現れています。国分寺市の富士本あたりは「台」こそつかないものの、富士山を望める高台と言う事から地名が付けられたのだろうと推測されます。

立川市はこのように3段~4段の段差構造になっていて、北部の武蔵野面の上に位置する地域が市内で最も高いエリアだという事になります。そして、北側の段差は緩やかであるため、日常生活では特に意識するほどではない高低差という事なのでしょう。

上へ戻る