物件購入

建築条件付き売地の「条件」ってはずせるの?

一戸建てに住もうとお考えの方は「分譲住宅」にするか「注文住宅」にするか悩むところです。それぞれのメリット、デメリットを考えた末に注文住宅を選んだ方は、建てるメーカーを選び、土地を探す事となります。そんな風にして土地を探した時に思わずなんだ?と思うのが「建築条件付売り地」ではないでしょうか。

建築条件とは?

建築条件とは土地の販売に当たって条件を付ける事です。土地そのものに条件を付けるのではなく、「土地にどこが建物を建てるのか」について条件を付けるというものです。そもそも何故建築主体を指定するのかと言うと、それは業者が建物を建てる事で収益を得ようとするからです。つまり、土地そのものを販売してもほとんど利益が出ないか、出てもわずかなものである場合に、建築によって利益を出すという販売手法を採用しているという事なのです。従って、建築条件付き売地と言うのは本質的には、建売とそう変わらない不動産販売の形態なのです。

建築条件ははずせるの?

建築条件はあくまで企業活動の一環です。土地の売却によって十分な利益が出るのなら、何も建築条件を付ける必要はないとも言えます。もちろん、建築を主とする業者なら、あくまで建てるという目的があるため、建築条件をはずせない、いやはずさないという事情があるかもしれませんが、そうでないならば建築条件を外せる場合もあります。つまり、建築条件付き売地について仲介業者が交渉を行い、「建築条件を外せるか?」、「外すためにどうしたらいいのか」等を詰めていきます。ぶっちゃけると、多くの場合販売価格に一定金額上乗せすれば建築条件を外せる事が多いです。上乗せする金額がいくらになるのかはあくまで交渉の結果次第。その結果が受け入れられるものなら購入申し込みをすればいいし、受け入れられないなら他をあたればいいのです。

気になるならあたって砕けろ!

土地をお探しの方は建築条件付という文字を見て簡単に諦めないで下さい。建築条件は外そうと思えば外せるかもしれないからです。不動産は同じものは二つとないと言われます。それだけに、希望に叶う物件が見つかったのなら、ダメ元で交渉してみるべきです。前述したように、販売価格のまま買おうというのでは門前払いです。いくら乗せればいいのか?いくらまでなら受け入れられるのかのせめぎ合いの中で交渉が上手く運べば、思わぬ良い買い物となるかもしれないのです。

win-winとなるように

私達仲介業者はこうした交渉ごとに対してもお客様をサポートいたします。こうした交渉事で重要なのは相互にwin-winの関係となる事です。売る方はより高く、買う方はより安くと願うのは当然です。けれども、どちから一方が主張を譲らなければ交渉はまとまりません。高すぎず、安過ぎず、利益の相反する者同士がどちらとも納得できる地点を探し、そこで着地するよう間に立って調整する事こそが仲介業の存在意義です。土地をお探しの方、是非お気軽にご相談ください!→お問い合わせ

上へ戻る