物件購入

簡単早わかり!建築基準法上の道路

家を建てるには建築基準法上の道路に2m以上接していなければいけないという決まりがあります。
その道路も幅が狭くて人がやっと通行できるようなものではなく4m(6m指定区域内は6m)以上のものでなくてはいけません。土地があればどこでも家を建てられるんじゃないの?と思うかもしれませんが、そうではないのです。
どういった道路に面していれば建築が出来るのかは、建築基準法42条に規定されていて、それがここで言う「建築基準法上の道路」となります。

建築基準法上の道路

建築基準法上の道路は上記42条で規定されていますが、まずはザッと見てみましょう。

  • 道路法上の道路(42条1項1号)
  • 開発道路(42条1項2号)
  • 既存道路(42条1項3号)
  • 計画道路(42条1項4号)
  • 位置指定道路(42条1項5号)
  • 2項道路(42条2項道路・みなし道路)
  • 3項道路(42条3項
  • 4項道路(42条4項)
  • 5項道路(42条5項)
  • 6項道路(42条6項)

数にして10個。こんなにあると何がなんだかわからんぞい。そう感じますよね。
でも販売図面上でよく見かけるのは1項、2項ですから、こんがらがりそうな人はそこまでなんとかお付き合い下さい。

道路法上の道路(42条1項1号道路)

幅員4m以上で道路法による路線の指定または認定を受けたもので国道、県道、市道等などのいわゆる「公道」と呼ばれるものです。原則として自動車専用道のみに接している敷地には、建築物は建てられません。

開発道路(42条1項2号)

土地区画整理法、都市計画法、旧住宅地造成事業に関する法律その他の法令による道路です。
開発業者によって宅地造成が行われ、分譲地内に道路を作ります。業者は開発許可を得て造成しているわけですから、その道路を建築基準法上の道路と認めようという事です。こうした開発道路はその後市町村等の道路管理者に引き継がれ公道(42条1項1号道路)となります。

既存道路(42条1項3号)

建築基準法施行時以前より存在する道路の事で幅4m以上のもの。公道・私道は不問とされますが、正味私道についての規定と考えられます。

計画道路(42条1項4号)

道路法、都市計画法その他の法令により事業計画のある道路で特定行政庁が指定した道路で事業者の申請に基づき、2年以内にその事業が執行される予定のもの。幅員は4m以上必要。将来的に公道になる予定だから公道同然のものとして家も建てられるという事です。ただし、建てられるにしてもどのような状態にあるのかがわからないので、十分な調査が必要でしょう。

位置指定道路(42条1項5号)

土地所有者が築造し、特定行政庁からその位置の指定を受けた道路。幅員4m以上の私道。

2項道路(42条2項道路・みなし道路)

1項では4m以上の幅員を持つ道路についての規定でした。2項では4m(6m)に満たない道路の救済についてです。建築基準法施行時、現に建築物が建ち並んでいる幅員4m(6m)未満の道で、特定行政庁の指定したものを建築基準法上の道路とみなし、中心から2m(3m、避難・安全上支障がない場合は2m)の線を道路境界線とみなす。片側が崖地などの場合は崖側から4m(6m)の線を境界線とみなす。

4m未満の道であっても建築時に中心線から2m分を確保すればよいので、狭い道も立て替えが進めばいずれは4mの道になるだろうという事です。これをセットバック(後退)と呼び、販売図面上にも良く見られます。セットバックする部分は自分の敷地であっても建物を建てられません。あくまで道路となる予定地なので、そこに建ててはいけないという事です。詳しくは「42条2項道路とセットバック」をご覧下さい。

建築基準法第42条第3項(3項道路)

2項道路指定をするに当たり、将来に渡り拡幅が困難でどうしても4m(6m)幅員が取れないため、特定行政庁が幅員の緩和指定をした道路。崖地などは2.7m以上4m(6m)未満。2項道路と同様に、建築基準法が施行された時に既に建物が建ち並んでいる幅員4メートル未満の道路で特定行政庁の指定した道路の事。

3項道路でも建築に際してはセットバックを行いますが、道路の中心線から1.35m以上2m未満でいいという事になります。崖地などではその境界から2.7m以上4m未満。

建築基準法第42条第4項(4項道路)

6m区域内にある道路幅員6m未満の道路で特定行政庁が認めた道

  • 1号・・・避難・通行に安全上支障が無い幅員4m以上の道
  • 2号・・・築計画等に適合した幅員4m以上の道
  • 3号・・・6m区域指定時に現存していた6m未満の法42条適用の道路

建築基準法第42条第5項(5項道路)

6m区域指定時に現に存していた道(4項3号)で幅員4m未満の道。6m区域指定時に境界線とみなされていた線を境界とみなす。

建築基準法第42条第6項(6項道路)

幅員1.8m未満の2項道路 (建築審査委員会の同意が必要)

建築基準法上の道路の意義

建築基準法が何故「道路」がなんたるかについて定めているのかと言うと、建築物の避難活動や消防活動、また、日照通風等の住環境に支障がないようにするためなのです。かつて火事とケンカは江戸の華などという事もありましたが、道が狭く消防車の入らないエリアでは、ひとたび火災が発生すると大惨事になってしまう危険性ががあります。そもそも道が狭ければ住宅が密集し、延焼の危険が高まります。そして火災を鎮めようにも消防車も入らない。そうなると多くの建物が失われ、尊い命まで失われかねません。そうならないような街づくりを行わなければならないわけですね。接道義務は土地の利用について制限を加えるものです。ただそれは人々が安心して暮らせる街づくりを都市計画を通して実現するために必要なものだと言う事なのです、

上へ戻る