地域情報

阿豆佐味天神社(猫返し神社)

阿豆佐味天神社は、砂川の新田開発の際に、村の鎮守の神として1629年(寛永6)に創建されました。地元では「阿豆佐味神社」と呼ばれています。阿豆佐味天神社は西多摩郡瑞穂町に総本宮があり、江戸時代初期に勧請したものです。砂川新田の開発を行った村野三右衛門が狭山丘陵の麓「岸村」の出であったためです。後に砂川村と呼ばれる新田開発が始まったのが慶長14年(1609)の事ですから、開拓民が移り住んでから20年後の事でした。開発当初、この新田開発は残堀川の水を頼りに進められました。残堀川は昔から大雨のたびに氾濫する暴れ川で、洪水のたびに大量の土砂を流域に堆積させて人々を困らせたことから土地の人々が砂の川と呼んだとも、いつも水量が少なく川底が見える事から砂の川と呼んだとも伝えられます。この砂の川が縮まって「砂川」の地名となったわけですが、当時の苦労は並々ならぬものだった事が想像されます。苦難に直面した人々が心のよりどころとしたのがこの阿豆佐味天神社だったのです。

立川市砂川町の阿豆佐味天神社・立川水天宮の由緒

阿豆佐味天神社の由緒説明版

阿豆佐味天神社については説明版がありましたのでその文章を抜粋いたします。

「砂川は、江戸時代初期に新田開発で拓かれたところで、阿豆佐味天神社は、寛永六年(1629)頃、村山郷殿ヶ谷(現瑞穂町)の延喜式内社阿豆佐味天神社より勧請されました。爾来砂川の鎮守として発展を見守ってきました。
ご祭神は、医薬・健康・知恵の神さまの少彦名命(すくなひこなのみこと)と、文学・芸術の神さまの天児屋根命(あめのこやねのみこと)のお二柱です。
本殿は元文三年(1738)頃の建築と考えられており、昭和四十五年(1970)立川市有形文化財に指定、立川市内最古の木造建築物です。
様式は「一間社流造正面軒破風付こけら葺」といいます。現在は拝殿後方の白い覆殿に収められています。拝殿は天保十年(1839)に着工し、文久二年(1862)に竣工、総けやき造りで、近郷まれにみる豪壮な建築物と云われています。」

阿豆佐味天神社は江戸時代に玉川上水の完成をもって本格化した砂川新田の発展を見守ってきました。砂川村の歴史については「立川北部の砂川村と玉川上水の関係」をご参照いただけると詳しくご説明しています。簡単に示すと、そもそもこの一帯は飲料水さえ確保の難しい乾いた大地でした。あるのは砂の川と呼ばれる川底の見えるほどの水量の少ない残堀川のみ。暴れ川でもあったこの川には悩まされることも多かったようです。その状況が一変したのは江戸初期になって開削された玉川上水です。多摩川水系と荒川水系の分水嶺(山で言う尾根に当たる地域)を流れたため、幾筋もの分水が引かれました。その一つ砂川分水(現在は砂川用水)が天王橋付近から五日市街道に沿って一里ほどの長さで通されると、西から順に新田開発が行われました。そうして発展したのが砂川村です。そして、その砂川村の開拓を行った人々が狭山丘陵麓にあった岸村の出身だったため、生まれ故郷の阿豆佐味手神社を勧請したというわけです。

立川水天宮は、古来より安産・子授けの守り神として崇められています。安産のご祈祷・安産祝帯の授与は、いぬの日以外でも行っています。

境内

阿豆佐味店神社には入り口が二か所あります。五日市街道沿いに一か所。こちらには鳥居があってそのまま表参道となります。もう一か所は東側側面にあり、駐車場からだとこちらを利用します。表参道は入り口からほぼ北に向かって伸びていてその先の一番奥に拝殿・本殿があります。その途中左手(西側)に祈祷所や神札授与所が並び、右手(東側)に自転車置き場・神楽殿、手水鉢が配されています。拝殿の東側にはさらに境内社への鳥居があり、以下の境内社が祀られ、その一番奥に水天宮のお社があります。

境内社には、蚕影神社(猫返し神社、養蚕の神)、八雲神社(厄除け)、疱瘡社(疫病除け、縁結び)、稲荷社(五穀豊穣、招福財福)、天神社(学問)、御嶽神社(火難盗難除け)、浅間神社(縁結び、安産)、金刀比羅社(交通安全)、八坂大神社(疫病除け)があります。

拝殿

阿豆佐味神社拝殿の画像
総けやき造りの拝殿阿豆佐味神社拝殿の画像

本殿

本殿
拝殿の奥にある本殿。ここは立ち入り禁止となっています。

神楽殿

阿豆佐味神社神楽殿

神を祭る神楽を奏する建物。境内東側にある広い空間ににあり、周囲に大きな木が立ち並んでいます。

境内社

水天宮・境内社への鳥居
拝殿の東奥に水天宮や境内社が祀られています。境内の中にあるもう一つの鳥居がこちら。

阿豆佐味神社の境内社
境内社とは境内にある本社以外の神社を言います。主祭神として祭られている以外の神様を祀っています。阿豆佐味神社では養影神社・八雲神社・疱瘡社・稲荷社・天神社・御嶽神社・浅間神社・金刀比羅神社・八坂大神社の9社合祀となっています。上記写真左側に書いてあるように、お社は一つですがたくさんの神様がいらっしゃるのでじっくりとお参りするといいと思います。上記9神の神様のうち、養影神社は別名「猫返し神社」とも呼ばれ、知る人ぞ知る人気パワースポットとなっています。

阿豆佐味神社境内社外観
阿豆佐味店神社境内社の外観です。一か所でたくさんの神様にお参りできるのがいいですね。例えば、国立市にある谷保天満宮だと広い境内の至る所に境内社があるので、全てお参りすると結構な時間がかかってしまいます。段丘に残る雑木林に囲まれた境内を巡るのはそれはそれで素晴らしいのですが、一か所で済むというのも捨てがたいものがありますね。

猫返し神社の別名を持つ蚕影神社

蚕影(こかげ)神社は読んで字のごとく養蚕の神様です。万延元年(1860)に常陸国豊浦湊から分社されました。養蚕が盛んであった砂川では明治から大正にかけて、その最盛期を迎えたのですが、その後の戦争や化学繊維の普及とともにやがて衰退したそうです。砂川は養蚕で欠かせない桑苗の特産地としても知られていたようで、私が子供のころは桑畑がまだあちこちに残っておりました(昭和50年代くらいでしょうか)。小学校の授業でもカイコを家で飼育し、繭まで育てるという事もありましたね。白い毛虫のような生き物ですから、少年の私にはへっちゃらでしたが、当時の少女たちにはきつかったでしょうね~。

蚕影神社は「猫返し神社」としても知られます。命名はジャズピアニストの山下洋輔さんのようです。立川市に引っ越してきた山下洋輔さんの愛猫がいなくなり、さんざん探し回った挙句この蚕影神社にたどりつき、お参りしたところ翌日戻って来たというエピソードが有名となりこう呼ばれるようになったそうです。以来、愛猫の無事や健康を祈りにたくさんの人がお参りに来るようになったとのこと。

蚕影神社は養蚕の神であり蚕の天敵である鼠を捕らえる猫を、守り神としています。

猫返し神社のただいま猫像
ただいま猫の石像。狛犬ならぬ狛猫といったたたずまいです。

阿豆佐味神社絵馬掛所

何種類かの絵馬があります。こちらは猫絵馬の掛所。守り神である猫にちなみ猫守りもあります。

猫返し神社豊之泉と書かれた手水鉢
境内社・水天宮にも手水鉢があります。「豊の泉」と書かれ、かわいらしいにゃんこの像がちょこんと乗せられています。どこか夏目友人帳というアニメーションに出てくるにゃんこ先生みたい。「こら~夏目~」と今にも話しかけてきそうに思いませんか?

八雲神社

牛頭天王(ごずてんのう)・スサノオを祭神とする祇園信仰の神社。日本神話においてスサノオが詠んだ歌「八雲立つ出雲八重垣妻籠に八重垣作るその八重垣を」の八雲に因んだもので、厄除け神様として知られます。

疱瘡社(ほうそうしゃ)

天然痘の神である疱瘡神(ホウソウガミ)を祭神とし、疫病除けの神様です。

稲荷社

お稲荷様、お稲荷さんと呼ばれ親しまれる稲荷大明神(いなりだいみょうじん)が祭神。五穀豊穣・招福財福の神様。日本全国で30,000社もあると言われ、京都市伏見区深草にある伏見稲荷大社が総本宮です。お稲荷さん言えば狐を思い浮かべる人が多いと思いますが、あくまでも稲荷神の眷属(けんぞく)であってお稲荷さん=狐ではありません。また、一度お参りをすると、お参りをし続けないといけないとも言われますが、それも違うようです。

天神社

菅原道真を祭神とする神社。菅原道真は死後「天神様」と呼ばれ、学問の神様となりました。「天満宮」や「天神」と付く神社も同じく菅原道真を祭神とします。天神社、天神、天満宮と付くところがそうです。

御嶽神社(みたけじんじゃ)

看板に「火難盗難除け」とある事から青梅市にある武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ)からの分社だと推測されます。

浅間神社

富士信仰に基づいて富士山を神格化した浅間大神(浅間神)、または浅間神を記紀神話に現れる木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)と見てこれを祀る神社の事です。古くは「浅間」を「せんげん」ではなく、火山を意味する「あさま」と読んだことに由来があるようです。家庭円満・安産・子安・水徳の神とされ、火難消除・安産・航海・漁業・農業・機織等の守護神。

金刀比羅社(ことひらじんじゃ)

金刀比羅神社、琴平神社、事比羅神社はそれぞれ「ことひらじんじゃ」と呼び、金比羅神社も含めて、香川県仲多度郡琴平町の象頭山中腹に鎮座する金刀比羅宮を総本宮とする神社です。主祭神は大物主神(おおものぬし)。大物主神は、古来から「海の神様」として漁業、航海など海上の安全を守ってくれる神として信仰されてきました。

八坂大神社

恐らく八坂神社の系統だと思います。看板にも疫病除けとあり、牛頭天王(ごずてんのう)が祭神でしょう。

立川水天宮

立川水天宮

阿豆佐味天神社内北東奥にあるのが立川水天宮。古来より安産・子授けの守り神として崇められています。安産のご祈祷・安産祝帯の授与は、いぬの日以外でも行っております。いぬの日は「腹帯をお巻きになるとよい日」です。

歯固めの石収めどころ

歯固めの石収めどころの写真

初宮参りの後、「お喰い初め」をします。お喰い初めとは、「この子が一生食べ物に困ることがありませんように、歯が丈夫でありますように」と願いをこめて、生後100日頃を目安に食べる真似をし、ご家庭で食事の大切さを教える儀式です。初宮詣で神さまから頂く、食器や箸・歯固め石を使い、新しい家族のために、心のこもったお祝い膳を用意します。

唐子手水鉢(からこてみずばち)

唐子手水鉢の写真
唐子手水鉢は四人の唐子(中国の子ども)が片膝をついて担いでいる珍しい手水鉢の事です。

唐子手水鉢案内板

説明文には縦四尺(120cm)、横四尺(120cm)、高さ二尺(60cm)とあります。以下抜粋
「幕末の弘化三年(1846)当地出身の小山奥左衛門が寄進したものです。鶴見邑(現川崎市)の名工飯島吉六の作。手水鉢の四隅を四人の唐子が、片膝をついて担ぐという、全国でもほとんど例のない珍しい型式です。正面には「漱盤」と刻されてあり、「漱」とは口をすすぐの意です。」

阿豆佐味天神社について

西多摩郡瑞穂町に総本宮があり、村山郷の総鎮守として、武蔵七党の一、村山党(高望王の子孫で秩父平氏の流れを汲む)の氏神として崇敬を受けた。阿豆佐味という社名については、梓弓によるという説、楸(きささげ、古名あずさ)によるという説、湧水(阿豆=甘い、佐=味の接頭語、味=水で、甘い水の意)によるという説など諸説あります。立川市砂川町にある阿豆佐味天神社はこの神社を勧請したものです。

戌(いぬ)の日

立川水天宮の安産祈願。江戸時代、参拝に来た妊婦さんが「鈴の緒」のお下がりを腹帯として安産祈願したところ、ことのほか楽なお産ができたことから人づてにこのご利益が広まったそうです。やがて、お産の軽い犬にあやかって「戌の日」に水天宮で安産祈願することが定着しました。戌の日は12日おきに来ます。干支(えと)の書かれたカレンダーもあるので、戌の日に合わせてお参りするといいでしょう。

阿豆佐味天神社・立川水天宮へのアクセス

阿豆佐味店神社アクセスマップ

阿豆佐味天神社・立川水天宮へは西武拝島線武蔵砂川駅より徒歩20分(約1317m)です。かつての砂川支所(現砂川学習館)の斜向かいにあります。駐車場32台分があるので、車でもアクセスできます。初詣など混雑する時は徒歩または自転車にした方がいいでしょう。

阿豆佐味天神社の住所

立川市砂川町4-1-1(googleマップで確認

地域情報の発信

株式会社いずみホームでは地域の情報を日々発信して参ります。私達が住む町や地域の出来事、由来、四季の風景など様々な話題をご提供いたします。私の街の素晴らしい事、皆様にお伝えして参ります!

上へ戻る