地域情報

残堀川旧水路跡

残堀川は瑞穂町にある「狭山池」を水源とし、武蔵村山市北部を南西にしばらく流下した後、伊奈平にあるイオンモール付近から南へと流路を変更します。そこからわずかな区間ほぼ真南に流れ、西武拝島線、玉川上水それぞれと交差する辺りでS字を描くように蛇行し昭和記念公園内に入っていきます。しばらくは昭和記念公園西端を南下しますが、やがて昭和記念公園昭島口の少し北側から向きを東に変え公園内部に入り、少し先で再び南下し公園を出て、やがて多摩川へと流れ込んでいきます。全長14.5キロメートルほどの短い川ですが、かつて立川市北部にあった砂川村の地名にも深い関りを持つ川です。

残堀川

残堀川は蛇が掘る川(蛇堀川)からこう呼ばれるようになりました。残堀川の水源「狭山池公園」にある「蛇喰い次右衛門の伝説」説明板によれば、百姓の次右衛門が筥(はこ)の池で水浴びをしていたところ、小さな蛇が体にからみつき絞めつけてきたためその蛇を掴んで噛みついたところ、空が大荒れとなり大蛇へと変わったそうです。大蛇の傷口から七日七夜も血が流れ続けそれが川となったそうです。そのためこの川は蛇堀川と呼ばれるようになり、後に残堀川に変わったそうです。

残堀川は「水量が少なく川底が見える」、あるいは「昔から大雨のたびに氾濫する暴れ川で、洪水のたびに大量の土砂を流域に堆積させて人々を困らせた」ことから土地の人々は砂の川と呼び、これが砂川という地名の由来となりました。現在の残堀川も年間を通してほぼ干上がっておりまして、上流の水源近くと下流の多摩川への合流地点付近以外だと水が所々溜まっている程度です。度重なる護岸工事によって「瀬切れ」を起こしてしまったためでしょう、上流から流れる水は途中で全部地中に吸い込まれてしまいます。

ところが多摩川に合流する直前になると昭和用水が合流するため少ないながらも水の流れが復活します。立川崖線からもある程度の湧水が流れ込んでいると思われ、なかなかの清流です。川の宝石と呼ばれるカワセミの姿が見られるほどです。

その残堀川はかつても何度か流路を変えたようです。近代以降に人為的に流路を変え結果現在の流路となっているのですが、どちらにせよ、見影橋の付近に「残堀川旧水路跡」を示す看板が立てられています。ふつ~~の畑の中にポツンと立っているだけですので、これと知らなければ通り過ぎてしまうでしょうね。

残堀川旧水路跡の景色

砂川町8丁目と3丁目の境付近に立つ看板。フェンスに囲われた畑にあります。どのあたりが水路跡なのかはこの写真からはわかりません。

残堀川と砂川村

残堀川がかつて砂の川と呼ばれたことは前述の通りです。砂川の地名が残堀川に由来するというのは弊社ブログやコラム記事で度々取り上げております。玉川上水から引いた「砂川分水」によって行われた新田開発。それが「砂川新田」と呼ばれるもので、やがて砂川村へと発展しました。その開発の当初、開拓者の人たちは残堀川の水を利用して開発を始めたようです。

砂川の開発は狭山丘陵の麓「岸村」(現在の武蔵村山市)に住む「村野三右衛門」が幕府に願い出、許可されたところから始まります。慶長8(1603)年徳川家康が徳川家康が駿河から江戸へ入府し江戸幕府を開いてからわずか6年後の事で、水量が少なくしかも大雨ともなれば氾濫を起こす残堀川はあてにならず、開発はほとんど進まなかったようです。もともとは乾いた水の確保の難しい地域です。相当な困難を伴ったことでしょう。

開発が本格化するのはそれから50年以上経ってからです。明暦3(1657)年に「砂川分水(後に幾つかの分水が統合されて砂川用水となる)」を引き込むことが許可されると、安定した水の確保がようやく可能となったのです。新田開発が進む中で集落が形成され、やがて村へと発展しました。それでも砂川の地名を村の名称としたのにはそれなりの理由があったのだと私は推察します。

残堀川を頼りに開発を始めた当時、大雨が降れば川があふれ、ひどければ流路さえ変更してしまった暴れ川。丹精込めて作られた作物は流され、家財を奪い、時には命の危険さえあった事でしょう。それでも涙をこらえ必死にこの土地にしがみつくようにして頑張ったのでしょう。砂川分水が引かれ、残堀川に沿って南北に長かった集落が、砂川分水に沿った東西に広がる集落となった後も、それまでの辛苦を過ごした砂川と言う地名を大切にしたのだと私は思います。

かつての流路

「残堀川旧水路跡」の看板にはかつての流路についての記述があります。以下抜粋

「昔は、この付近から現在の立川市役所付近※1を経て国立市青柳方面に流れていました。江戸時代初めの砂川の新田開発は、残堀川の水を頼りにその流域から始められたのです。

その後、承応三(1654)年に玉川上水が開通すると、これに合流させていたこともありました。明治時代の末になって、玉川上水の下(現在は上)を通る水路が開かれ、現在に至っています。」

※1 現在の立川市役所付近とありますが、これは旧立川市役所の事でしょう。かつては錦町にありましたが、現在は泉町に移転しています。この案内板は移転前に立てられたのでしょうね。

この看板が立てられているのは砂川町8丁目と3丁目の境付近。ここから残堀川は南西へと流下し、矢川に注ぎ込んだと言われています。矢川は立川市南東部は羽衣町にある矢川緑地を水源とする延長約1.3キロメートルの小河川です。南武線矢川駅の由来となっております。「矢川緑地と矢川を往く」に詳しく書いてあるのでお時間があればご覧ください。

現在は看板地点より西側に流路が変更されていて、とても珍しい川の立体交差点とも呼べる状態となっています。南下する残堀川が上を通り、その下を玉川上水がくぐるようにして東西に流れています。上を通る残堀川だけがこの地点では見えていて、玉川上水は一瞬暗渠となります。尚、この案内板へのアクセスは西武拝島線「武蔵砂川駅」より徒歩となります。

上宿橋の写真

残堀川と玉川上水の交差点。橋も東西南北それぞれの方向に架けられています。正面の垂直方向にかかる橋は玉川上水の「上宿橋」。写真左奥の水平方向にかかる橋は残堀川の橋で、歩道に架かるのが「すずかけ橋」、車道に架かるのが「上水橋」です。

玉川上水のふせこし

上述した玉川上水と残堀川の立体交差は「ふせこし」と呼ばれる工法によります。ふせこしとは用水施設や排水施設などの水路において、開渠 となっている部分が、河川法の適用を受ける河川と交差している場合、逆サイホン構造によって河川の河底を通過させる工法・技法の事。逆サイホンと言うのは「サイホン」が高低差のある二地点をその上部で菅で接続するとポンプを使わずとも高い地点から低い地点に流れるという「サイホンの原理」を利用した装置であるのに対し、それを応用して下側で接続して流すというもの。

地域の情報をお届けします!

立川市にある株式会社いずみホームでは地元密着の不動産屋として日々地域の情報を発信して参ります。まだまだご紹介した場所がたくさんありますが、これも一朝一夕ではお伝えしきれません。日々コツコツと更新して参りますので、またのご来訪をお待ちしております。

上へ戻る