お知らせ

地震に強い家作り、知っておくと便利な用語

東日本大震災、その前の阪神大震災を経て、
安心して暮らせる「地震に強い住い作り」に関心が寄せられるようになりました。
そこで、「地震に強い住い」そして関連する用語についてご説明します。

耐震、制振、免震の違い

耐震、制振、免震の違いはわかりますか?
わかりやすく申し上げると、
耐震は地震で倒壊しない家作り、
制振は地震の揺れによる建物へのエネルギーを部材で吸収する家作り、
免震は地震による建物への揺れを装置によって軽減する家作りです。

耐震

建物が倒壊しなければ生命は守られます。がっちり、しっかり丈夫な建物を建てて、
大地震で建物が多少損傷したとしても倒壊は免れるように家を作る事です。
建築基準法によって一定の耐震性を有するよう建築する事が義務付けられています。
今は一般の人でもわかりやすいように住宅性能表示制度で耐震等級を表すようになりました。
ただし、この制度は任意となります。
詳細については「住宅性能表示制度」をご確認下さい。

制振

建物の要所に設置したダンパーが地震エネルギーを吸収し、
建物への衝撃を緩和します。
内部構造として地震エネルギーを逃がすような造りとイメージしてください。

免震

免震装置によって建物自体への揺れを緩和する仕組みです。
建物を免震装置の上に乗せて、いざ地震が起きても免震装置が地震の揺れに追従する事で、
建物に地震によるエネルギーを伝えにくくします。
免震構造は地震そのもののエネルギーが建物に伝わりにくいため、
地震によって建物への損傷を抑えられます。

積層ゴム免震支承、すべり免震支承、転がり免震支承3種類があります。

積層ゴム免震支承

ゴムの変形によって加速度を低減する方式です。
広く一般に用いられています。

すべり免震支承

平面または凹面状の皿の上を滑り部材がスルスルと滑って加速度を低減する方式です。

転がり免震支承

平面または凹面状の皿の上をボールまたはローラーが転がって加速度を低減する方式です。

地盤調査

大地震による液状化現象でマンションが傾いたような事例が見られます。
軟弱な地盤にどんな頑丈な建物を建てようと、沈んだり傾いたりしては大変です。
地盤調査とその結果に基づく地盤改良によってより安全な地盤に建物を建てるようにしましょう。

詳細は「スウェーデンでボーリング?地盤調査(じばんちょうさ)の話」をご覧下さい。

基礎

建物の一部が地面に沈む事を不動沈下と言います。
かつては布基礎と呼ばれるものが広く用いられていましたが、
上記不動沈下を防ぐため、また耐震性を向上させるためベタ基礎が広く用いられるようになりました。

基礎パッキン

基礎と土台の間に挟む通気性のあるパッキン。床下の通気性を確保するために用いられます。

筋交い

地震力や風圧力などの水平荷重による軸組の変形を防ぐために対角線方向に入れる部材。
日本の在来工法(木造軸組み工法)では縦、横の木材を接続して構造体を形成しますが、
接続部分がはずれないよう斜めに入れる材の事を筋交いと言います。

柱と筋交いに接合金具
筋交いと柱を接合金具が接続しています

耐震金物(補強金物)

地震による倒壊の多くは接続部分がはずれてしまう事で生じます。
倒壊を防ぐために強固に接続させるための金具を言います。

接合金物

部材と部材の接続部分を留める金物。
箇所によって大きさ、形状の違うたくさんの種類があります。
上記筋交いにも使われています。
下記ホールダウン金物も接合金物の一つですが、
販売図面でよく見かけるので特に取りあげてみました。

ホールダウン金物

地震時や台風時に柱が土台や梁から抜けるのを防ぐために用いられる金物です。
ホールダウン金物(土台と接続)
柱に取り付けたホールダウン金物の棒部分が土台に突き刺さっています。

ホールダウン金物(梁と接続)
柱が梁から抜けないように取り付けたホールダウン金物。
柱を貫通し抜けないよう取り付けてあるのがわかります。

構造・工法による特徴

マンションではSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造、RC(鉄筋コンクリート)造、S(鉄骨)造、
3階くらいまでのアパートなどではALC(軽量鉄骨)造などがありますが、
それぞれの構造によって異なる特徴があります。
一戸建てでは主に木造軸組工法、ツーバイフォー、パネル工法という三つの工法があります。

RC(鉄筋コンクリート)造

鉄筋とコンクリートを使い、張力と圧力に強いのが特徴です。これまで主に中層建築物に用いられてきましたが、最近では高強度コンクリートの開発により、超高層建築物にも採用されています。

コンクリートは圧縮には強く,引張りには弱い材料ですが,鉄筋は圧縮には弱く,引張りには強いという性質を持っています。両者の組み合わせはそれぞれの弱点を補い長所を活かす構造となります。また、耐火性、耐久性、防音性にも優れています。
また、コンクリートは弱アルカリ性であるため酸化に弱い鉄筋を覆うことで、鉄筋が錆びるのを防止します。
コンクリートが露出してしまうと風雨の影響で中性化を起こしもろくなってしまいます。
定期的なメンテナンスが必要とされる所以です。

SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造

柱・梁など骨組みを鉄骨で組み、その周囲に鉄筋を配置して、コンクリートを打ち込んで一体構造にした工法です。鉄筋コンクリート造と比較して、強度に優れているため、柱を細くすることができます。
耐震性にも優れていますので、超高層や高層建築に用いられます。

ALC造、RC造両方の長所を併せ持ち耐火性、耐久性、防音性に優れています。
弱アルカリ性のコンクリートが鉄骨や鉄筋を覆うことで酸化を防止するのはRCと同様です。定期的にメンテナンスをしなければ内部の鉄が錆びてしまい強度、耐震性が低下してしまうでしょう。

S(鉄骨)造

構造上主要な骨組み部分に、形鋼(かたこう)や鋼管などの鋼材を用いた構造。軽量で、粘り強さがあるため、高層建築物や橋りょうなどに用いる。◇「鉄骨構造」「綱(こう)構造」「S造」ともいう。 鉄骨は燃えにくく強度が高く、大きな力が加わったときに折れずに変形するだけですむ 。重量鉄骨造と軽量鉄骨造の2種類がある。

重量鉄骨造(S)造

厚さが6ミリメートルを超える鋼材を重量鉄骨といい、柱・梁としてその重量鉄骨を用いる構造を重量鉄骨造という。単に鉄骨(S)造と表現した場合にはこちらの意味合いとなる。

ALC(軽量鉄骨)造

厚さ6ミリメートル以下の薄い鋼板を加工して構造を造ったもの。建築コストが抑えられのがメリット。
柱が多くなるため間取り変更がしにくいのがデメリット。木造よりは耐震性に優れていますが、RCに比べれば劣ります。

木造軸組工法(在来工法)

木造軸組工法は伝統的な日本の木造建築様式で、在来工法とも呼ばれます。
土台や柱、梁などを用いて組み立てられる構造形式。
簡単に言えば、縦(垂直)、横(水平)の木材を接続して骨組みを作り、その骨格に肉付けするように壁を作る建築方法。接続部分がはずれてしまう事で建物が倒壊してしまうため、従来より筋交いで補強してきましたが、それに加えて補強金物で耐震性を向上させるようになりました。

ツーバイフォー(2×4)工法

厚さ2インチ×幅4インチの角材で構成された枠組に構造用の合板を打ち付けたパネルによって、壁や床を構成する工法をその角材のサイズから「2×4工法」といいます。
建物を壁面で支えるため、地震に強いのが大きな特徴です。また、気密性にも優れていますが、壁面が構造壁となっているため、窓の位置や大きさなどが制限されます。
台風よりも強力なハリケーンに耐えられるよう北米で開発された工法です。

木造軸組みパネル工法

木造軸組工法にツーバーフォーの長所を取り入れたような工法。
木造軸組工法の間取り変更のしやすさに加え、耐力壁で耐震性を持たせるようにしています。
今の新築一戸建てではパネル工法による建築が増えました。
各種メーカー、建売業者によって言い方は違いますが、要点としては木造軸組み工法で建築を進めつつ、
耐力壁パネルで外壁に張り巡らせる事で面で建物を支え、保護します。

ダイライト構法

ダイライトを在来軸組構法の外壁と内壁の下地材に耐力面材として用いる新しい壁構造です。この構法はきわめて、高耐力・高強度を誇るために、災害に強い、丈夫で長持ちする住まいを作ることができます。あくまで木造軸組工法であり、ダイライトという建材を下地材として用いる事からこの名称となっています。

木質パネル工法

ツーバイフォー工法と同じように耐力壁によって建物を支える工法。ツーバイフォー工法では2×4インチの枠材が耐力壁を構成する基本材になっているが、こ の工法では複層・強化された木質パネルそのものが耐力壁を構成。木質系プレハブ住宅の他に、一部の輸入住宅に採用されている。

お時間がございましたら
大きな地震が来たらどうしよう?安心するためにやっておくべき5つのチェック」もご覧下さい!

仲介手数料無料の不動産をお探しの方は「とっても嬉しい♪仲介手数料最大100%OFFの物件情報」へGO!

上へ戻る