地域情報

野山北公園

野山北公園は武蔵村山市の北部、狭山丘陵のふもとに広がる公園で、カタクリの群生地としても有名です。紛らわしいのは「野山北公園」と「都立野山北・六道山公園」です。前者は武蔵村山市立の公園で、丘陵の地形を利用したものです。後者は都立の丘陵地公園で、武蔵村山市にある野山北公園と西多摩郡瑞穂町にある六道山公園を含む狭山丘陵の割と広い範囲の自然公園となります。今回ご紹介するのは前者の武蔵村山市立野山北公園です。

野山北公園の概要

野山北公園はトトロの森として知られる狭山丘陵からの湧き水を利用した広さ1万8千㎡の公園です。湧き水は公園内西側より東に向かって、幾つかのエリアを構成しつつ流れていきます。公園西側は水芭蕉と田んぼのエリアです。清流によって育まれた水芭蕉が春先に美しい花を咲かせ、田んぼでは武蔵村山市内の学校が体験授業を行っているようです。このエリアはカタクリの群生地でもあります。次に園内中央部には水生植物池・ひょうたん池、園東部に釣り池とそれに連なる名称不明の池があります。釣り池の南東端から流れ出す水の流れが「空堀り川の源流」となります。

野山北公園(市民プール)へのアクセス

バス停から野山北公園へのアクセスマップ

野山北公園へはシャトルバスなどを利用するか、車でのアクセスが便利です。

住所

所在地:武蔵村山市本町5-31-1(googleマップで場所を確認

公共交通機関

  • 多摩モノレール「上北台駅」から市内循環バス(MMシャトル):「市民総合体育館」行きで16分、「かたくりの湯」下車停歩4分
  • 西武拝島線・多摩モノレール「玉川上水駅」から市内循環バス(MMシャトル):「イオンモールむさし村山」行きで50分、「かたくりの湯」下車停歩4分

野山北公園アクセスマップ

野山北公園に自動車でアクセスする場合の目印が幾つかあります。公園付近から「カタクリの湯バス停」「カタクリの湯」「カタクリの湯交差点(信号)」です。新青梅街道から来る場合は「本町一丁目交差点(信号)」を北上して下さい。青梅街道からだとカタクリの湯交差点を北上します。この信号からは徒歩約17分(約1148m)の距離。途中武蔵村山市歴史民俗資料館を通り過ぎ、カタクリの湯を左折し(西に入り)ます。細い道を少し進むと進行方向左手(南側)に大きな駐車場が見えてきます。無料駐車場170台駐車可能です。

かたくりの湯第一駐車場

かたくりの湯の敷地内にある駐車場。駐車料金無料。収容台数68台(身障者用3台)。

かたくりの湯第二駐車場

野山北公園運動場の隣にある駐車場。駐車料金無料。収容台数103台(身障者用3台)。土日・祝日は多くの利用者がいるため利用できない可能性あり。

野山北公園内

野山北公園は狭山丘陵の麓(ふもと)に東西に細長く広がっています。南東に市民プールがありここに入り口が一か所、かたくりの湯第二駐車場の南側の砂利道の先にもう一か所入り口があります。「水芭蕉・田んぼエリア」「水生植物池・ひょうたん池エリア」「釣り池エリア」「入口・市民プールエリア」に分けてご案内します。

水芭蕉と田んぼのエリア

野山北公園の水芭蕉

野山北公園西端には水芭蕉が植えられています。タイミングが良ければカタクリの花と共に楽しめます。丘陵から湧き出す水がチョロチョロと流れ込み、豊かな水の風景を作り出しています。

桜咲く野山北公園水芭蕉・田んぼエリア

これぞ里山の風景。どこか懐かしいそんなノスタルジーを感じませんか?昔の人達は谷戸を切り開き、稲を育て、収穫の秋を迎える。日々の煮炊きは雑木林から切り出した木をくべて、いろりを囲んで食事をしたのでしょう。生活を支える里山を大切に守り、共に生きてきた様子が目に浮かぶようです。

写真の西側の通路横斜面にカタクリが群生します。北斜面、時々木漏れ日が差す程度のかすかな日差しを好み、一年で活動する期間はごくわずか。発芽してから7~8年かけてようやく花を咲かせるけなげな花を是非一度ご覧ください。奥の森の方が都立野山北・得道山公園となります。

野山北公園の田んぼ

野山北公園の敷地内に地元の小学校のたんぼがあります。夏には青々とした稲穂が見られます。そして、秋には一面金色に染まるのです。

水生植物池・ひょうたん池エリア

野山北公園水生池・ひょうたん池

釣り池からひょうたん池方向を撮った画像です。田んぼの水路から水生植物池・ひょうたん池に水が注ぎ込み、その後釣り池へと流れていきます。このエリアにも水芭蕉が植えられています。

野山北公園カエルの卵

水生植物池にはカエルなどの水生動物も生息しています。

釣り池エリア

野山北公園釣り池

釣り池は園内で一番大きな池です。釣り好きの人達がのんびり釣り糸を垂れている姿はなんとも心なごみます。お休みの日にここで日がな一日釣りを楽しむのもありですね!

この釣り池の南端から小さい川に水が流れ込んでいるのが「空堀り川」源流です。

野山北公園釣り池の亀たち

釣り池にある岩の上で甲羅干しをしている亀さん。空を見上げて何を想うのでしょう。空への憧れが募ってガメラが生まれたのでしょうか?

入口・市民プールエリア

野山北公園入口の池

野山公園市民プール横の入り口通路から最初にある池。この池では釣りはしてはいけません。池を囲むように植えられた桜が咲くと綺麗ですよ!池の前に園内の案内図が立てられているので、初めての方はまずこの案内図を見て園内奥へとお進みください。

野山北公園の富士桜

入り口の池の側には富士桜が植えられています。遠目には咲いているかどうかわからないくらいですが、近づくとちゃん~と咲いています。楚々とした可憐な感じがいいですね。

チューリップ花壇
入口池の裏側にあるチューリップの花壇。色鮮やかなチューリップ。午前中早い時間でしたので、この後綺麗に咲いたのでしょう。

狭山丘陵にあるカタクリの群生地

野山北公園のカタクリ
3月の下旬になると野山北公園内西側のカタクリ群生地が賑わいます。水芭蕉・田んぼのエリアの木製遊歩道を歩きながら可憐に咲くカタクリを楽しみましょう!群生地はもちろん立ち入り禁止です。貴重な自然を残すために、一人一人がマナーを守って観賞しましょう^^

映画「トトロ」の舞台となった狭山丘陵にはカタクリの群生地があります。一つは武蔵村山市野山北公園、もう一つは野山北公園の割と近く、都立野山北・六道山公園インフォメーションセンターの近くにあります。こちらは少しわかりにくい場所なのでまずはインフォメーションセンターに立ち寄って情報を集めてからにしましょう!何度か行っている私も、今回道を間違えて2~30分余計に歩いてしまいました。

カタクリは多年草

カタクリはユリ科カタクリ属に属する多年草です。花を咲かせるまでに実に7~8年もかかるのです。桃や栗より大変です。柿にわずかに勝っているくらいなもんで、花を咲かせ、実を結ぶまで本当にゆっくりと成長していきます。何故そんなに時間がかかるのかと言うと、一年のうち地上で活動する期間がとても短いからです。一年のうち地上に葉を伸ばすのはわずか2か月あまり。春先に芽を出し葉を伸ばし、弱い光を浴びてエネルギーをためます。するとさっと葉を落として球根に養分を蓄えたまま地中で次の春を待ちます。1年の大半、10カ月は地中で眠っているのです。そして翌年少し大きな葉をつけてもうちょっと養分を蓄えてまた長い眠りにつきます。こうして毎年一周りずつ大きくなっていき、双葉が揃うとようやく花を咲かせます。なんとまぁのんびり屋さんですこと。

カタクリの群生地を改めて訪れてみるとほんにな~んも痕跡が残っていません。初先のついこの前まで咲き乱れてた群生地がウソのようです。シダや雑草などで一面覆われ、知らない人からはまさかここがカタクリの群生地として有名な場所だとは気づかないでしょう。

カタクリは半日陰の木漏れ日がさす程度の環境を好みます。始終日差しが降り注ぐ日当たり良好な場所では生息しません。山や岡の北斜面でよく見られるのもそのせいでしょう。そのため、春のちょうど良い日差しのころにせっせと光合成をして球根に養分を蓄え、日差しが強くなりすぎるころにはさっさと葉を落とし、省エネモードで次のシーズンに備えます。日当たりの悪い場所の弱い日差しによって行う光合成です。短い活動期間で蓄えられる養分もたかがしれてます。発芽した個体が7年も8年もかけて花をつけるのもそうした生態のせいなのです。ちょっとずつ大人になっていくのです。一年やそこらで急成長しません。ゆっくり大人になり、そして長生きします。なんと40~50年も生きるというのですから、本当にご長寿さんですよね。

発芽一年目

発芽一年目のカタクリ
ご覧ください。ひょろっと一本伸びているのが発芽一年目のカタクリです。

この後登場する花をつけたものと比べればその余りの違いにビックリします。他の植物ならここから二葉になったり、枝分かれしてどんどん成長していきます。でもカタクリはこの姿のまま養分を蓄えて、やがて葉を落とすのです。今年はこれで終了しちゃうんですよ。本当にゆっくりゆっくりと大人の階段を上っていく奥手な子なのです。

二年目以降~花をつけるまで

二年目以降のカタクリ
二年目になると私たちが知るカタクリの葉の姿となります。ただし、ものすご~くちっちゃいです。ちっちゃいまま約二か月間と言う地上での活動を続け、その年のノルマは終了。恐らく前年よりもたくさんの養分を蓄えて三年目を迎えます。すると、翌年でっかくなっとる!わけなのです。恐らくそれでもまだまだちっさいのですが、去年の努力がちゃんと実ってる、一回り大きくなっとるのです。そうして、三年、四年と年を重ねいよいよその時を迎えます。花を咲かせるまでの期間は翌年一周り大きくなる分の養分を蓄えたら、さっさと地上部分を切り離して地中部分だけで過ごします。日当たりの良い好立地だとあらゆる植物が侵入を試みます。そこで繰り広げられる生存競争は大変なものです。そうした苛烈な競争を避け、半日陰のさほど人気のない場所で生息する事を選び、そこにうまく適応したのがこうしたカタクリの生態なのでしょう。

5~6年経ったカタクリ

5~6年くらい経つとかなり立派です。こう葉の模様なんかも年季が入ってますよね。もう大人じゃん!もう花をつけても良さそうじゃん!と思うのですが、それでもまだ決定的な違いがあるのです。

二枚目の葉が出たら咲きます!

7~8年で順調に成長しても一枚だけではまだ花を咲かせません。あともう一枚、あともう一枚必要なんですね~。二枚目の葉が出たら・・・大人の仲間入り!いよいよ花を咲かせます。

花を咲かせたカタクリ

二枚揃ってようやく花を咲かせるエネルギーが得られるのでしょう。苦節7年、いや8年。立派になったなぁ。

カタクリと虫

カタクリはその生殖活動において虫の力を借ります。これは他の多くの植物でもそうなのですが、カタクリなりの虫との共存の仕方ががなんともいじらしいのです。まずは受粉です。カタクリは写真の通り下を向いて花弁を反らすようにして咲きます。受粉の手助けをするのは主に「マルハナバチ」という小さなまん丸い昆虫です。小さい体に似合わない割と大きな羽音をたてて、花から花を飛び回り、気に入った花があるとぐい~っと頭を突っ込む姿がなんとも愛らしい。この蜂にアピールするためなのでしょうか、普通に観察すると見る事ができない花の内側に模様があります。

カタクリ花弁の裏側の模様

花の中心部分、オシベなどを囲うように花のような模様がありますね。他の花とはいかにも異なる形をしているせいで「ひょっとしたら花だってわかってもらえなかったらどうしよう?」とでも考えたのでしょうか。

「ワシは花じゃ~~」と猛烈にアピールしているようにも思えませんか?そう考えると、健気ですね。

無事受粉が済んだら次は実です。ここでの工夫は実ではなく種にあります。この種にはアリが好む成分が付着していてその匂いに誘われたアリが離れた場所にある巣へと持ち帰ります。恐らく種に付着した成分をペロペロ舐めたら、種自体は食べないのでしょう。その後巣から運び出された種がその周辺で新たな命を育みます。

乱獲によって減ってしまったとされるカタクリ

一年のうち地上での生活はわずか約2か月。少しずつ少しずつ大きくなり、7年も8年もかけてやっと花を咲かせるこのカタクリですが、かつては乱獲されその個体数を大きく減らしてしまったそうです。そうしてとられてしまったカタクリは40歳だったのでしょうか、50歳だったのでしょうか。こう考えると盗掘は罪なことですね。犯罪うんぬんというより、健気に地道に生存を続けてきたその長年の歴史を摘み取ってしまうという事が心無い行為に思えてしまうという意味です。40歳なら日の当たる地上での生活はわずか80か月で、暗い地中での生活が400か月。年計算だと地上6年6カ月強、うち地中で33年3カ月です。50歳だと地上10カ月(8年3カ月)、地中500か月(41年6カ月)ですよ。なんかこうやりきれなくなってきませんか?一度失われてしまうと回復までに最低でも7~8年、本当の意味で元通りになるには40年くらいの年月はかかってしまうのですね。

カタクリと片栗粉

かつてはこのカタクリの球根から片栗粉をとっていました。上述したように乱獲され個体数が減ってしまった原因の最たるものと考えられます。現在ではジャガイモやサツマイモのデンプンから作られるようになりましたが、現在でも「カタクリの片栗粉」は高級品として売られているそうです。

武蔵村山市野山北公園のカタクリ群生地

野山北公園のカタクリ群生
武蔵村山市野山北公園の西側、釣り池などの奥にある田んぼのある辺りの北斜面にカタクリが群生しています。狭山丘陵の西部に位置するこの公園ではカタクリが終わるとすぐに桜が開花します。カタクリと同時に楽しめるのは市民プール付近に咲いている「フジザクラ」くらいでしょう。続いて花壇のチューリップが彩り豊かに咲き並び春の花シーズンが終わります。その後は新緑の季節を経て、夏が終わるとモミジが綺麗です。

さて、上の写真は早朝に写したものです。カタクリは日が暮れると花弁を閉じます。そして、日差しが差す頃にまた花弁を開きます。時間があれば、徐々に開いていく様子を動画などで撮影してみたいものです。

冒頭にある写真が日中開花した状態のカタクリ群生地です。公園内の様子については「武蔵村山市野山北公園」をご参照ください。

カタクリ沢

フェンスに囲われたカタクリ沢
野山北・六道山公園内では他にも幾つかのカタクリ群生地があるようです。その一つが「カタクリ沢」です。赤坂駐車場に車を停めてインフォメーションセンターから歩いて10分もかからない程度の所にあります。かつてはかなり盗掘され、個体数が激減していたそうですが、20年ほど前にフェンスで囲い保護したため、今ではかなり回復したとの事でした。見ごろを迎える一定期間のみ、扉が開かれ中に入れます。「武蔵村山自然に学ぶ会」の皆さんがフェンスの中にいらっしゃり、カタクリの生態について色々教えてくれました。実は私もこの会に入会させていただこうかと考えております。はかなげで、可憐なカタクリは遠目だとちょっとわかりにくいですね。囲いの中がカタクリ沢のカタクリ群生地

可憐に咲くカタクリ
カタクリ沢に咲くカタクリ。うつむいた姿がなんとも可憐ではありませんか!

野山北公園プール

野山北公園市民プール画像

釣り池から見た市民プール。公園入口から池のある園内に向かう途中にあります。

  • 開設期間:7月中旬から8月下旬まで
  • 入場料:1回2時間につき・子供(3歳以上小学生以下)50円・大人(中学生以上)100円
  • 注意事項:入場券は各プールの管理棟で販売します。また、幼児には大人が必ず付き添ってください。

あそびの森

あそびの森入り口の写真「自然にやさしく」をテーマに、幼児、お年寄り、障害を持つかたも大自然の中、森に住む生き物たちの名がついた木製遊具(25施設)で遊ぶあそびの森。みんな思いっきり楽しめます(無料)。かたくりの湯第二駐車場の目の前にあります。
あそびの森遊具
森の中にあるアスレチックコース。豊かな自然に囲まれ、虫の鳴き声や鳥のさえずりを聞きながら遊べます。元気なちびっこ達の絶好の遊び場です!

冒険の森

都立野山北・六道山公園内「あそびの森」の東側に位置します。
施設の中心となる「観察展望デッキ」は、幅2メートル、一周約60メートルにわたり、木々の緑の中を約8メートルの高さで空中散歩が楽しめるなど、子供たちにとってワクワクするような施設が並びます。
市立野山北公園駐車場をご利用いただき、散策を楽しむことができます。こちらもあそびの森同様無料です。

カタクリの湯

カタクリの湯
村山温泉かたくりの湯は、地下1,500mより汲み上げた天然温泉です。和風・洋風風呂やプール、レストラン、リラクゼーションなどがあります。

利用時間

午前10時から午後11時まで(最終受付は午後10時まで)

休館日

毎月第3木曜日(祝日の場合は翌日)

入浴料

【大人(中学生以上)】
一般:800円(土日祝日3時間まで900円)
市内在住者:700円(休日3時間まで800円)
市内高齢者・障害のある方:600円(休日3時間まで700円)
※超過料金1時間毎200円
【子供(3歳以上)】
一般:400円(休日3時間まで450円)
市内在住者:350円(休日3時間まで400円)
障害のある方:300円(休日3時間まで350円)
※超過料金1時間毎100円

※泉ゾーンとプールゾーンは上記料金で両方利用できます。

武蔵村山市立歴史民俗資料館

武蔵村山市立歴史民俗資料館外観

武蔵村山市立歴史民俗資料館はカタクリの湯南側に隣接する施設です。郷土の自然、歴史、民俗に関する資料の収集保管及び展示公開をし、説明、指導助言、講演会などを開催しています。館内は「地質・化石コーナー」「丘陵と台地に生きた人々(原紙~現代)」「吉祥山コーナー」「特別コーナー」「「里山」と人々の暮らし(生活空間コーナー)」「「里山」と人々の暮らし(民具コーナー)」「「里山」と人々の暮らし(芸能コーナー)」「DVDコーナー」それぞれテーマごとに展示されています。

  • 開館期間:午前9時から午後5時まで
  • 休館日:毎月第1月曜日、毎月第3水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日から1月3日)
  • 入館料:無料
  • アクセス:JR中央線立川駅からは、立川バス箱根ヶ崎行き又は三ツ藤住宅行き「横田」バス停下車徒歩10分
    JR八高線箱根ヶ崎駅からは、立川バス立川駅北口行き「横田」バス停下車徒歩10分
    西武拝島線東大和市駅からは、都営バス青梅車庫行き「横田」バス停下車徒歩10分
    多摩都市モノレール上北台駅からは、市内循環バス「村山温泉かたくりの湯」バス停下車徒歩1分

野山北公園自転車道

野山北公園自転車道赤坂トンネル
赤坂トンネルの入り口。番太池のそばにあります。

この道は、大正10年に当時の東京市が貯水池への導水管の敷設工事のために敷いた軽便鉄道・羽村-山口線の跡です。わずか3年で役目を終えたが、昭和3~6年と18~9年に山口貯水池の堤防工事の砂利を運ぶために短期間の復活をした後、羽村大堰から村山・山口貯水池までの総延長7.5kmが完全に廃線となり、現在は自転車道として利用されています。狭山丘陵のうっそうとした森の中を通り抜ける幾つかのトンネル。子供のころはここを通るのがとても怖かった事を覚えています。夏でもひんやりとしたトンなる内では時々水滴がしたたり落ち、なんだか背中がゾクゾクして思わず振り返ってしまう。今でこそ気持ちのいい、素敵な自転車道ですが、なかなか雰囲気のあるところである事には変わりありません。

トンネル内

森の中に続く自転車道。時間帯によっては人気がなく、寂しげです。ただ、狭山丘陵の自然を満喫出来る事間違いなし!ここ最近新たに整備された中藤公園へはこの自転車道の途中にありますよ!

かつて野山北公園近くにあったミニ牧場

かつてあったミニ牧場
上の画像は野山北公園のすぐそばにかつてあったミニ牧場。

ポニー
可愛らしいポニーが出迎えてくれたんですよね。今はもう閉鎖されてしまい、ポニーたちもどこかへ売られていったそうです。

都立野山北・六道山公園

狭山丘陵には4つの都立公園がありその西端にあるのが野山北・六道山公園です。武蔵村山市と瑞穂町にまたがる都内最大級の都立公園で、雑木林と谷戸(丘陵に切れ込んだ谷間)の組合せによって、豊かな自然が残されています。武蔵村山市の市立野山北公園はこの都立公園内の一角にあります。狭山丘陵は昭和の時代に開発によって次々と緑が失われていきました。そうした中昭和40年代後半に団地開発が計画された際に、多くの市民が東大和市とともに「この里山の自然を守りたい」と東京都に働きかけでできた「東大和公園」が開園した事を契機として、次々と狭山丘陵に都立公園ができました。狭山丘陵の東にできた「都立八国山緑地」、その少し西に「都立狭山公園」、そしてこの都立野山北・六道山公園です。都立八国山緑地がトトロの舞台となった事で、狭山丘陵全体をトトロの森と呼ぶようになり、今では多くの人々の憩いの場となっているのです。「トトロの森狭山丘陵」をご覧いただくと、狭山丘陵にある都立公園の概略をご理解いただけると思います。

上へ戻る