地域情報

砂川分水(砂川用水)

砂川分水は数ある「玉川上水」からの分水・用水の一つで現在は砂川用水と呼ばれています。当初天王橋より五日市街道沿いに引かれたわずか一里(約3,930m)ほどの長さで、明治三(1870)年玉川上水通船をきっかけに分水口が統廃合され、他の分水と一つにつながり立川市一番町から国分寺・小平を通り三鷹市や調布市まで流れる大きな用水となったのです。玉川上水からの取水口からしばらくは開渠なのですが、地下にもぐったり、また表に出たりしつつやがて完全に暗渠になります。

玉川上水の分水

玉川上水は多摩川水系と荒川水系の分水嶺(山で言う尾根にあたる)を流れているため分水が可能でした。最初に分水されたのは川越城主松平信綱が玉川上水開削の功により明暦元(1655)年に許可された野火止用水でした。次いで砂川分水が小川分水・国分寺分水とともに明暦3(1657)年にできています。

飲料および灌漑目的で約30の分水が作られ、武蔵野台地のあちこちで新田開発が行われたのです。今なおその姿を留めるものもありますが、多くは水道の普及や人口増加に伴う田畑の宅地化によってその役目を失い廃止されてしまいました。。

野火止め用水

玉川上水からの最初の分水として川越城主松平信綱が玉川上水開削の功により明暦元(1655)年許可されたものです。松平伊豆守信綱によって開削されたことから「伊豆殿掘」とも呼ばれています。立川市(小平監視所付近)を起点とし、小平市内北西部、東大和市との市境を流れて埼玉県新座市に流下する全長約24Kmの用水路です。都の歴史環境保全地域に指定されており、水路幅も広く周辺には雑木林なども残っています。そうした緑豊かな野火止用水沿いに整備したのが「雑木林のみち玉川・野火止コース」です。西武拝島線玉川上水駅と東大和市駅の途中から始まり、東大和市駅の南脇を抜け、しばらくは住宅地の中を通るのですが、やがてうっそうと茂る雑木林の中へ入り込みます。アオゲラやコゲラのようなキツツキやシジュウカラなどたくさんの野鳥のさえずりを聞きながら通行する事ができます。

ちなみに、現在は都の清流復活事業により、昭島市の多摩川上流水再生センターからの高度処理水が流れています。

新堀用水

新堀用水説明版

小平市中島町の西端の玉川上水から分水し、立川通りにかかる小川橋を経由、玉川上水の北岸を並行して流下します。その後、関東管区警察学校南側付近で田無用水と鈴木用水に分水します。以下案内板からの抜粋

「承応2年(1653)の玉川上水の開通は、江戸市民ののどを潤しただけでなく、武蔵野台地をも活気づけました。玉川上水からの分水によって飲み水が得られ、それまで原野だった場所が開拓されて人が住めるようになったのです。

小川村の新田開発が明暦2年(1656)に許可されて、最初に行われたのが小川分水を掘る工事でした。小川村地割図(延宝2年頃)に描かれているように、分水口は現在の東小川橋付近に設けられ、その大きさは1尺四方(30.0㎝×30.3㎝)でした。

文化4年(1807)には小川橋上流のこの地に分水口が付け替えられ、明治3年(1870)には玉川上水の北側に新堀用水(北側新井筋)が掘られます。野火止用水の取水口に接して新しい分水口が開かれ、小川分水から千川上水までの7つの分水口が埋められて1本の水路に統合されます。
新しい分水口からここまでの900メートルは地下水路で、胎内堀と呼ばれています。」

玉川上水は乾いた武蔵野台地を潤し、そこから引いた分水が活気をもたらしたと書かれています。小川村は当時多摩郡岸村(現在の武蔵村山市)から移ってきた小川九郎兵衛さんという人達によって開拓されたことに由来します。そしてこの小川村のある地域は平坦だったことから小平と言う地名となりました。こう考えると、この分水は小平市の歴史にとても深いかかわりを持っているのですね。

新堀用水写真

玉川上水緑道から見た新堀用水

砂川用水

砂川用水画像

砂川用水は明暦3(1657)年に許可を受け開削された砂川分水がその後開削された他の幾つかの分水と統合され繋がったものです。当初天王橋付近にあったとされる取水口は現在松中橋の西側に設けられています。

砂川用水として統合された分水

砂川用水はもともとわずか一里(約3,930m)ほどの長さであったであった砂川分水が、明治三(1870)年玉川上水通船をきっかけとする分水口の統廃合とほぼ同時期に深大寺用水が開削されたため、他の幾つかの分水と繋がってできました。昭和三十三(1958)年の調査によると総延長25.6キロメートルあるそうです。

統合されたのは砂川分水、柴崎分水、平兵衛分水、中藤分水、南野中分水、上鈴木分水、国分寺分水、小金井分水、下小金井新田分水、梶野分水、境分水の十一の分水です。

砂川分水

明暦3(1657)年砂川分水が開削されると砂川地区で本格的に開発が行われるようになります。砂川分水は玉川上水の天王橋から五日市街道に沿って引かれたものです。そのため天王橋周辺から東に向かって順次開発が進められていきます。やがてこの一帯は砂川新田と呼ばれるようになりました。この砂川新田が、元文元(1736)年「砂川村」となったのです。砂川分水開削から約80年後の事です。砂川村成立に砂川分水がいかに大きな役割を果たしたのかがわかります。

砂川村は年貢徴収の単位として西から順に「一番」「二番」「三番」という風に番号がふられました。当初は全部で一番組~八番組までの集落があり、一番から四番までが上郷、五番から八番までを下郷と呼び、その郷には「小名主」が置かれて「名主」の名代としたそうです。各組には組頭が置かれました。開発はさらに東に向かって行われ、今の九番の辺りが新たに「砂川新田」、十番の辺りは「砂川前新田」と呼ばれました。砂川村は後に砂川町となり立川市に編入される事になりますが、詳細を知りたい方は「立川北部の砂川村と玉川上水の関係」をご参照ください。

砂川分水を辿る

砂川用水・柴崎分水取水口の写真

砂川分水の取水口は昭島市の「松中橋」の北側にあります。より上流(画像右側)が柴崎分水の取水口、下流(左側)が砂川用水の取水口です。ここからしばらくは開渠ですから玉川上水沿いに沿って流れる様子を見る事ができます。

砂川分水の開始地点

松中橋からほんの少し西側、取水口から取り込んだ水がここから流れ始めます。かつてはどうだったかわかりませんが、砂川用水はこじんまりとしています。

砂川用水の由来説明版

砂川用水の由来について書かれた説明板。以下抜粋

「砂川用水は、明暦三年(1657)幕府財政再建の一環として武蔵野新田開発のため玉川上水から分水され、松中橋から上水と平行に東上し、天王橋から五日市街道に沿って開通された。
 残堀川の旧水路が五日市街道と交差する付近(三、四番)の小集落に過ぎなかった砂川新田(村)は、砂川用水の開通により現在のように五日市街道に沿って計画的に耕地が開発出来るようになった。」

砂川という地名は残堀川に由来します。残堀川は度々流路を変え、時に氾濫によって一帯を土砂で覆いつくしたという事で砂川の地名となったとも、いつも水量が少なく川底が見える事から「砂の川」とされそれが地名の由来となったとも言われます。何せ飲み水さえ確保できるかどうかの頼りない存在ですから、周辺には大きな集落はできなかったようです。ひとえに玉川上水の開通とそこからの分水によって村としての体が整うような集落の形成をみたわけです。

玉川上水と砂川用水の間の道

砂川用水と玉川上水に挟まれた道。向かって左が玉川上水、右に砂川用水が流れています。

暗渠となり砂川用水が歩道の下を流れる様子

暗渠となった砂川用水の上が遊歩道となっています。この辺りは「歴史と文化の散歩道 砂川新田発祥の地を歩くコース」となっています。

一番組公会堂表札

かつての名残を残す看板。砂川村の時代からこの地域は一番組と呼ばれていたのです。

残堀橋の画像

残堀橋にて。天王橋を過ぎると砂川用水は五日市街道に沿って流れます。しかし、暗渠となっているためその姿は見えません。

残堀橋から見た残堀川

残堀橋より残堀川を上流に向かって写したものです。川底が見えていますね。大雨でも降らない限りこの辺りで水が流れる事はありません。かつては護岸のない野川だった残堀川は「砂の川」と呼ばれ、それが砂川という地名の由来となったそうです。

砂川用水にかかる橋

砂川用水にかかる橋。五日市街道と民家を繋いでいます。砂川新田を開拓した人達の子孫なのでしょう。

砂川用水の写真

姿を現した砂川用水は小川の様で綺麗ですね。私はかつて立川第九小学校に通っていました。その後上砂川小学校ができたため、そちらに通う事になったのですが、小学校三年生まではこの砂川用水沿いを毎日歩いて通学したのです。当時は悪臭を放つどぶ川で、綺麗だなんて感じる事は一切ありませんでしたね。それぞれの住宅を渡す小さな橋と橋の間で葉っぱを流して友達と競争をしたくらいが思い出でしょうか。水道が普及し、排水が流れるだけの用水が暗渠となり、一時歴史から忘れ去られたようにひっそりと流れるようになったのも今なら理解できます。と同時にこうして街中を流れる親水水路ならば、その流れに癒される人もたくさんいただろうと、惜しいような気になるのも確かです。それもこれも、玉川上水の水質が改善されたためでしょう。

五日市街道沿いに並ぶ短冊形家屋敷

ここで五日市街道の北側を通る玉川上水沿いの道に出てみます。すると短冊形と表される砂川村から続く家屋敷と敷地の様子が見てとれます。かつての砂川村には五日市街道から短冊のように縦長の敷地を持つ家が立ち並んでいました。街道沿いに屋敷林に囲われた屋敷部分(母屋・土蔵・物置など)があり、その奥に農地と雑木林が広がっていたのです。

見影橋からの景色

玉川上水沿いの道をしばらく東に進むと見影橋に至ります。これは見影橋より下流に向かって写したものです。ここは春桜が綺麗に咲く場所でもあります。

源五右衛門分水の説明版

この見影橋から当時の名主の屋敷に引かれた短い分水がかつてあったそうです。その取水口の跡が今も残ります。さすが砂川村の名主のお屋敷ですね。源五右衛門分水の説明文以下抜粋

「見影橋は、江戸時代から架かっていた古い橋です。その頃は村を流れる玉川上水の、上流から四番目の橋だったので「四ノ橋」とよばれました。また、名主の屋敷に近いこともあって「旦那橋」ともよばれました。大正時代に「御影橋」となり、今では「見影橋」の字をあてています。橋が広げられるまでは、たもとに明治初めの名主家当主の名前にちなんだ「源五右衛門分水」の取水口がありました。今でも橋の南西側にはその跡が残っており、見ることができます。」

源五右衛門分水取水口の写真

源五右衛門分水の取水口跡。見影橋より上流に向かって左手にあります。

旧砂川村名主家屋敷

さて、ここで玉川上水から五日市街道に戻ります。途中かつての名主であった家の大きな敷地が見えてきます。

旧名主敷地内に流れ込む砂川用水の写真

砂川用水が旧名主であった家の敷地内に入っていくところです。

砂川用水が暗渠となる部分

知る人ぞ知る五日市街道沿いにある八王子ラーメンのお店を過ぎると、間もなく砂川用水が暗渠となります。

この先もまだまだ砂川用水は続くのですが、今回は旧砂川分水であった部分を辿りましたので、ここまでとなります。

立川の株式会社いずみホームは地元密着の不動産屋です!

立川市で創立21年を超える株式会社いずみホームは地元密着の不動産屋として地域の情報を日々発信して参ります。多摩地区は武蔵野の自然がまだまだたくさん残るエリアです。身近に自然を感じられる多摩エリアで暮らしたいと思う方達を私達は応援致します!

上へ戻る